女性に必須!積極的に摂りたい葉酸サプリとは?選びかたのコツをお教えします!

重要な葉酸サプリ
女性に欠かせない栄養素、葉酸。妊活中・妊娠中の時に特に必要と言われていますが、もちろんそうでない女性にも様々な健康効果が期待出来る栄養素なのをご存知でしょうか?

葉酸には細胞分裂を助ける役割があり、免疫機能が高まる事により舌炎や口内炎を予防してくれます。また妊娠中では胎児の成長を助けたり、先天性異常が発症するリスクを低下させる働きがあります。

他に動脈硬化を防いだり、ホルモンバランスを整えてくれるため、生理前の腹痛やイライラを和らげる効果が期待でき、摂取する事で女性の辛さを軽減させてくれる栄養素。なんだか体調や精神面が不安定だな、と思った時には葉酸が不足しているのかもしれません。

では、どのように摂取するのが効果的なのでしょう。この葉酸、食品ではレバーやほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれています。

これらは「ポリグルタミン酸型葉酸」と呼ばれるもので、水溶性のビタミンで熱や光に弱く、調理の段階で多くが失われてしまいます。

また、体内で吸収される段階で「モノグルタミン酸型葉酸」に変換され、その時点で半分ほどに減ってしまってしまいますので、食品からの必要量の摂取は難しいとされています。

そんな葉酸を効率良く摂取できるのが葉酸サプリ。予め「モノグルタミン酸葉酸」に変換されているので、吸収がよく効率的に体に取り込む事が出来るんですね。

厚生労働省も、妊娠1ヶ月前からサプリメントなどの栄養補助食品からの葉酸摂取を勧めています。また、1日400μgの摂取を推奨していますので、葉酸サプリの活用が有効と言えます。

では、葉酸サプリを選ぶ時、どんな事に気をつければ良いのでしょう。まずは、野菜や果物など天然の食品から抽出された「食物、天然由来」かどうかです。

中には石油などの食べられない物から化学合成された物もあるようです。人工的に作られるため消化吸収される際の人の体への負担が大きく、妊娠中の場合では胎児への影響も懸念されますので注意が必要です。

次に、添加物の極力少ないものを選ぶ事も大切ですね。原材料の欄をチェックしてみましょう。葉酸やミネラル・栄養素の他に、あまりにも聞きなれない名称がある場合には、多くの添加物を使っている事が考えられますので避けた方が無難でしょう。

そして、GMPマークがついた商品かどうかも大切です。厚生労働省が製品の品質を保つため、ガイドラインに基づいて審査・査察をし、認められた工場で生産されたサプリメントには必ずこのGMPマークが入っています。

原材料の受け入れから製造、出荷にあたるまで「安全」で「一定品質」が確保されれいる証ですので、安心して摂取できますね。

その他には、栄養素の種類、葉酸の量、粒の大きさなどの飲みやすさも大切なポイント。まとめますと、「食物天然由来かどうか」という事、「添加物の少ないもの」「GMPマークがついているか」という3つの点と、「栄養素の種類や葉酸の量」「飲みやすさ」に注目すると良いという事ですね。

葉酸サプリにもたくさんの種類があって困る!という方も、ぜひ参考にしてみてください。