占いジプシー卒業!あなたが「良い占い師」を見つけられない理由

みなさんは「占いジプシー」という言葉をご存知ですか? そうです、数々の電話占いサイトを渡り歩いて、あの先生はダメ、この先生はダメと文句を垂れつつも、いまだに占いから離れられないあなたのことです。

「良い占い師が見つからない」
「占いジプシーに陥っている」

当記事ではみなさんがなぜ良い占い師を見つけらないのか、占いジプシーに陥ってしまうのかについて、詳しくお話しいたします。

はっきり言って時間の無駄!占いジプシーに陥る原因とは

占いジプシー

良い占い師ってなに?

数々の電話占いサイトを渡り歩いて、当たらないとか何だとか文句を垂れているみなさんにお聞きしたいのは、良い占い師って何?てことです。

あなたの今抱えている悩みをズバリと言い当ててくれる先生でしょうか。あるいは悩みの解決手段を示してくれ、それが実際にうまくいく未来を見通せる先生でしょうか。

なるほどたしかに、この片方、あるいは両方を兼ね備えた占い師は、優れていると言えそうです。しかしここでもうひとつ訊きたい。そんな超能力がこの世に本当に存在すると思いますか?

未来を見通す力など、この世に存在しないでしょう。もし本当にそのような力を持っている人がいるならば、なぜ災害で人々が死んでしまうのか、なぜ争いを防ぐことができないのか、なぜそのような占い師がいるのに政治や医療の分野に占いが介入しないのか、説明がつきません。

つまり言うことがすべて的中する占い師などこの世に存在しないのであり、「当たる」占い師を探すことは意味のない行為だということです。

しかしテレビに出ている占い師などはよく「当たる」と言われます。これはいったいどういうことなのかと申しますと、人の心を熟知しているとか、洞察力、観察眼に優れているとか、それだけのことなのです。

そのような人々の言うことをよく吟味してみてください。大体誰にでも当てはまるようなことしか言っていません。問題は言い方です。

優れた占い師は、彼や彼女がどういえば満足するか、納得するかを心得ているのです。だから言われたほうは、なるほどなあと納得してしまう。それだけのことです。

的中率100%の占い師などいないと前提すれば、ジプシーを卒業することもできるでしょう。当たる当たらないは結果論です。

もしその占い師が立て続けに予言を的中させても、4、5回くらいでは試行回数が少なすぎます。もしかしたら6回目、7回目あたりで大外れし、その後1回も当たらないかもしれない。そのときにまた、占い師を替えますか?

重要なのは、その占い師がどれだけ親身になって相談に乗ってくれるか、どのような助言をくれるかではないでしょうか。

その助言は必ずしも「的中」とは言い難い結果をもたらすかもしれませんが、あなたのことを本気で考えてくれる人こそ、優れた占い師であり、人生のアドバイザーなのです。

当たる、当たらないはあまり重要ではありません。失恋して、占い師の言うとおりにしたのにうまくいかなかったと嘆くのは、占いの根本を理解していない証拠であり、占い師への責任転嫁であり、自分で決めて行動することのできない意志無き人間の証明です。

それよりも、親身になって相談に乗ってくれる占い師を見つけること、そしてその助言を踏まえたうえで、自分なりの答えを探し見つけることが大切なのではないでしょうか。

良い占い師は的中率が高い、その考えをまず捨てることです。

「優しい占い師」を探してはいないか

とはいえ、占いを愛する人が全員、超能力的な何かを期待しているわけではないでしょう。

それこそ一種の人生相談のように捉え、占い師から適度に距離を置き、話半分に聞いている人もいるのではないかと思います。

占いを受ける側の人間の立場としては、これが正解でしょう。しかしこういうタイプの人であっても、場合によってはジプシーに陥ってしまいます。

たとえば、あなたが知らず知らずのうちに、自分に都合の良いことを言ってくれる占い師を探してしまっていた場合。

つまり悪い意味で優しい占い師を探してしまっていた場合です。恋に悩む人々は、自分の献身がむくわれないこと、努力が実らないことに少なからぬ不満をいだいています。

また、片思いの場合にも、彼が誰々と仲良くしていたとか、恋人でもないのに勝手に嫉妬して、怒りに近い感情を覚えたりするものです。そういうときには誰か優しくしてくれる人が欲しくなるもの。

占い師探しという行為をしているつもりが、いつしか「自分に優しい言葉を掛けてくれる人探し」に変わってしまっていないか、注意深く自分の心を見つめなおす必要があります。

ただ優しいだけの占い師は探せば一人は見つかるでしょう。しかしその人に相談して、何かが解決しますか?しませんよね。それは一時の慰めであって解決策ではありません。

物にも言い方というものがありますが、こうすべきという考えを、ときにあなたの考えを否定してまではっきり述べてくれる厳しい占い師に相談したほうが、より良い道を見つけられる可能性は高いでしょう。

まとめ

以上のように、占いは100%当たるものではない、当たる当たらないはそれほど重要ではない、ただ優しいだけの占い師を探さない。この3点を心得ておけば、占いジプシーも卒業できるかもしれません。

電話占いサイトを渡り歩くのは、はっきり言って、時間の無駄ですよ。

電話占いの口コミ最新版をチェック!