葉酸サプリを食事前と食事後に飲むメリットとデメリット

妊活をしている時から葉酸を摂取しておくと、妊娠している時に赤ちゃんの発育に支障が出る可能性が低くなるので葉酸サプリを飲む人が増えてきています。

しかし葉酸サプリを飲む時は、食事前がいいのか食事後がいいのか分からない人も少なくないでしょう。葉酸サプリの飲み方に関しては特に指定されていませんが、実際に食事前や食事後に飲むとどのようなメリットやデメリットがあるのか確認していきましょう。
葉酸サプリのメリットデメリット

食事前に飲むメリット

食事前は胃に食べ物が入っていない状態なので消化が行われていません。空腹の状態になっている時に葉酸サプリを飲むと葉酸の吸収力が高まるので、効率良く摂取する事が出来ます。

葉酸を効率良く摂取する事で妊娠した時に赤ちゃんにも好影響を与えるので、食事前に葉酸サプリを飲むと葉酸の吸収力が高まるのがメリットになります。

食事前に飲むデメリット

食事前に葉酸サプリを飲むと吸収力が高まりますが、空腹の状態になってしまうので胃に負担をかけてしまう可能性があります。

空腹の状態になっている時は胃酸の分泌量が少ないので葉酸サプリを飲むと胃痛が起きてしまう可能性があります。特に胃が弱い人はリスクが高いので注意が必要です。

食事後に飲むメリット

食事後は食べ物が消化されているので胃酸の分泌量も多くなっています。胃酸の分泌量が多くなっている時に葉酸サプリを飲めば胃にかかる負担を軽減する事が出来ます。

特に胃が弱くて荒れやすい人は食事後に葉酸サプリを飲んだ方がメリットになります。

食事後に飲むデメリット

食事後は食べ物が消化されているので葉酸サプリを飲んだ時に葉酸の吸収力が低下してしまう可能性があります。

人によっては食事前に葉酸サプリを飲む時より半分ぐらいしか葉酸を摂取する事が出来ない場合もあります。葉酸の吸収力が弱まってしまうのが食事後に葉酸サプリを飲むデメリットになります。

葉酸サプリは食事前に飲んでも食事後に飲んでもメリットになる点とデメリットになる点があるのでどちらが自分に適しているのか判断してから飲みタイミングを決めましょう。